The Wonder 500

”日本が誇るべきすぐれた地方産品”を選定し海外に広く伝えていく。

ACTIVITIES

PRESS RELEASE2016.01.20

米国・ニューヨークのギャラリー4 West 43rd Streetで展示会を実施

2016年1月20日
The Wonder 500™運営事務局
(株式会社リヴァンプ)

 

~経済産業省補助事業「ふるさと名物発掘・連携促進事業」~

“日本が誇るべきすぐれた地方商品”を選定し、世界に広く伝えていくプロジェクト

「The Wonder 500™」

米国・ニューヨークのギャラリー4 West 43rd Streetで展示会を実施

 

 The Wonder 500™運営事務局は、2015年5月15日(金)より、「地方創生総合戦略」をふまえたクールジャパンによる地域活性化を推進する「ふるさと名物発掘・連携促進事業」として、“世界にまだ知られていない、日本が誇るべきすぐれた地方産品”を選定し、海外に広く伝えていくプロジェクト「The Wonder 500™(ザ・ワンダー・ファイブハンドレッド)」をスタートさせ、8月27日(木)に日本各地から発掘・選定された500商材を発表・公開いたしました。

 そしてこのたび、海外での認知向上や商材の販路拡大活動のひとつとして、2016年1月28日(木)より2月9日(火)まで、
米国・ニューヨークのギャラリー4 West 43rd Street(フォーウエストフォーティサード ストリート)にて一部商材の展示会を実施いたします。

 

 「The Wonder 500™」は、「作り手の思いやこだわりが込められているもの」、「日本固有のものづくり、サービスを支えている伝統的な価値観を組み合わせた、革新性のあるもの」を選定基準として、「ものづくり」「食」「観光体験」のカテゴリで合計500商材を全国47都道府県より選定し、海外に広く伝えていくプロジェクトです。

 これまでの海外での活動としては、2015年9月にフランス・パリで開催された「PARIS DESIGN WEEK 2015(パリ・デザインウィーク2015)」で展示を行うとともに、デザインウィークに参加するパリ市内10箇所の有名セレクトショップでの展示・販売や、市内4箇所のバー・レストランで試飲・試食イベント等を実施し、現地にて約200商材の魅力を発信いたしました。また、ロンドン発のグローバル情報誌『MONOCLE(モノクル)』とのタイアップにより、12月2日(水)よ『MONOCLE』が直営する世界6都市のライフスタイルショップ『MONOCLE SHOP(モノクルショップ)』にて10 商材の展示・販売を
展開し、12月4日(金)より台湾・台北市内で開催された東北観光イベント「だいすき♡♥とうほく「日本東北遊楽日」~一緒に楽しもう~」ではThe Wonder 500™ブースを出展いたしました。本年2016年は、1月6日(水)より香港のPMQ(元創方)ポップアップスペースを中心に「JAPAN CREATIVE WEEK(ジャパン・クリエイティブ・ウィーク)」を開催、さらに1月22日(金)より台湾カルチャーの発信源である誠品生活(誠品書店)他有名ショップで 展示・販売会等を行い、海外のメディアやインフルエンサー、バイヤー等にThe Wonder 500™商材のご紹介の機会を創出しております。

 そしてこのたび、海外PRの一環として、2016年1月28日(木)より2月9日(火)まで、米国・ニューヨーク5番街近くのギャラリー4 West 43rd Streetにて一部商材の展示会を実施いたします。この展示会では、米国の多くの方々に日本の上質な職人技と崇高なデザインや日本の文化に触れていただきたく、日本茶や日本のお菓子の試食・試飲、調味料などのテイスティング、けん玉をはじめとした日本の玩具とともに日本の遊びのご紹介等も予定しております。

 

 「The Wonder 500™」は、上記の取り組みを通じて、まだ世界に知られていない魅力ある地方産品を発掘、国内外に発信することにより、地域や中小企業等の海外販路開拓に向けたネットワーク拡大やPR・マーケティングを支援してまいります。

■本件に関する報道関係からのお問い合わせ先
The Wonder 500™運営事務局
広報担当: 株式会社ノエル・コミュニケーション 後藤・鈴木・清水・斉藤
Tel:03-3760-9690 / Fax:03-5408-8433 / Email:press@noelcom.co.jp

※一般の方からのお問い合わせ先:The Wonder 500™ 統括事務局 Tel :050-3740-6272 (9:00-18:00 土日祝日を除く)

 

本件に関する詳細は、下記PDFファイルをご参照下さい。

PageTop