The Wonder 500

”日本が誇るべきすぐれた地方産品”を選定し海外に広く伝えていく。

The Wonder 500™ 認定商品詳細

筒型総透かし香炉(豆)

キッチン雑貨
酒器(片口・徳利・ぐい飲み)
 薩摩焼の籠目透かし彫りで作られた香炉です。籠目透かし彫りとは、剣先などで表面をくりぬいて細工し、竹で編んだ籠のような模様を作る技法です。これは薩摩焼独特の技法で、ほかの陶磁器にはほとんど使用されず、現代では非常に稀少な伝統技術のひとつです。精巧な技術が必要で、長年培った経験と勘、集中力が備わって、はじめて実現できる技術です。薩摩焼の窯元・南楓山が作り出す香炉は、籠目透かし彫りが施されており、均一に彫り込まれた模様が凛としたラインを作り出し、その美しい外見にしばし見とれてしまうほど。本品はろくろ成形から鋳込み、型作り、焼成までの全工程が一人で手作りされており、匠の技術のすばらしさを伝えてくれています。
関連商品
PageTop