The Wonder 500

”日本が誇るべきすぐれた地方産品”を選定し海外に広く伝えていく。

The Wonder 500™ 認定商品詳細

爽酒グラス

キッチン雑貨
酒器(片口・徳利・ぐい飲み)
 江戸時代初期から400年以上続く高取焼の日本酒グラスです。高取焼は福岡県の高取山の麓で陶器を焼いたのがはじまりと言われています。当時は茶の湯の隆盛期で、多くの大名が陶磁器生産の先進国・朝鮮から多くの技術者を連れ帰り、各地に陶磁窯を開いていました。高取焼もその一つで、朝鮮人陶工・八山を中心とした陶工集団であったとされています。元は素朴な作風でしたが、寛永年間に茶人・小堀遠州の指導を受けて以降洗練され、茶陶の産地として名声を高めていったとされています。この作品は13代目高取八仙を祖父に持つ高取周一郎氏の作品です。伝統的な高取焼の技法を使いながら、現代の生活にマッチした美しいフォルムと飽きのこない使い心地を実現しました。
関連商品
PageTop