The Wonder 500

”日本が誇るべきすぐれた地方産品”を選定し海外に広く伝えていく。

The Wonder 500™ 認定商品詳細

刺子袢纏(SASHIKO-HANTEN)

ファッション
その他
 羽織を簡略化した和服の一種である袢纏。その裏地にさまざまな図柄を施したものが「刺子袢纏」と呼ばれ、江戸時代、特に江戸の町火消の間で愛用されていました。刺子袢纏の由来は当時の刺青文化からきていると言われています。当時の刺青は信仰や生き様などを題材にしたデザインが多く、命がけの仕事である町火消の間でも好まれていました。刺子袢纏は町火消が火に立ち向かう際に着用した袢纏の裏側に自分の刺青と同様、信仰や生き様などをあらわしたもので、誇り高い仕事着でした。そんな江戸の文化を今に復活させ、継承しているのが「よし純」です。気鋭の職人たちが手掛けるこの袢纏は、伝統的なデザインでありながら洗練されており、着用するだけでなく、アートとしても素晴らしい作品となっています。
関連商品
PageTop