The Wonder 500

”日本が誇るべきすぐれた地方産品”を選定し海外に広く伝えていく。

The Wonder 500™ 認定商品詳細

ワイングラス米つなぎ

キッチン雑貨
グラス・カップ
 江戸切子は江戸時代末期に、現在の東京である江戸で始まった伝統的なガラス細工です。色ガラスを重ねた「色被せガラス」に伝統的な模様をカットすることの多い江戸切子ですが、「米つなぎ」という模様は当工房の完全なオリジナルです。米つなぎはシンプルな紋様でありながら、その繊細なカットは世界でたった一人の職人しかつくることができません。米つなぎ紋様のワイングラスは華やかさと同時に優美さをも表現し、2008年に開催された洞爺湖サミットでは国賓への贈呈品に選ばれるなど、その芸術性も高い評価を受けています。工房では現在もすべての工程が手作業で行われており、一つひとつ手で磨き上げられた切子はガラス本来の輝きと繊細なカットの美しさを保っています。
関連商品
PageTop